ワキ脱毛クリームのポイント

ワキ毛を処理する為に、カミソリやシェーバーを使うと、すぐにチクチクしたり赤いポツポツになったりします。そんな時、脱毛クリームを使ってみるのも一つの方法です。手軽に簡単にできるということで、脱毛クリームを使う人が沢山います。使う前に大事なのは、必ずパッチテストをすることで、これを怠ると肌トラブルにが起こってしまいます。

 

刺激が弱いので、カミソリ等よりもトラブルが少なく、色素沈着も起こりにくいです。けれど、脱毛クリームで毛が残ってしまうという例は、たくさんあります。満足できないという口コミも多いですが、正しい使い方のポイントを押さえれば、毛が残るということはありません。まず、脇に毛が隠れるくらい、たっぷり塗ります。その時、毛の根元にクリームが付くように馴染ませます。5分〜10分しっかりと置き、ティッシュで強く拭き取ります。後は、シャワーで洗い流します。

 

脱毛クリームを使えば、毛穴の少し奥まで浸透するので、カミソリで処理するよりも、見た目も綺麗です。それから、立ったまま塗るとクリームが垂れてしまいますので、仰向けに寝そべって塗るといいかもしれません。粘度の硬いものは大丈夫でしょうが、垂れてしまうのは困ります。中には満足できない人もいますが、原因は、たっぷりの量を使わなかったり、指定された時間を置いていないケースがほとんどです。先に述べた様なポイントをしっかり押さえれば、手軽で簡単に脱毛処理ができます。只、認識しておかなければならないのは、何でもメリットとデメリットがあります。

 

脱毛剤は薬品ですから、余り頻繁に使用すると、肌を傷つけたり黒ずみの原因となります。トラブルを起こして、肌を傷つけてしまってからでは、中々元に戻す事は出来ません。繰り返し使うのは控え、肌の状態を観察することも大切なことです。何かのイベントで、どうしても肌を露出する装いをする時等は、エステサロンを使うのも一つの選択でしょう。